Acqua Vita 洗剤に悩まされていた時代は終わります。

Acqua Vita_00

今までの洗浄剤のこんなお悩みが一つの商品で解決する時代がやってきました。

Acqua Vita_25
洗剤の使い過ぎで手がガサガサ・・・
食洗器を使用しても、ざっと手洗いする作業は必須。日々の洗い流し作業で手は荒れ放題。

Acqua Vita_26
環境への負担
洗剤に利用されている石油系界面活性剤は、下水を浄化する微生物の活動を妨げ、自然環境に負担を与えます。

Acqua Vita_27
消費コストが馬鹿にならない
飲食店における洗剤のランニングコストは想像以上の負担。

肌にも、環境にも、お財布にもやさい・・・
そんな新しい”洗浄システム”の誕生です。

Acqua Vita_06

Acqua Vita_28
コスト削減
水自体に洗浄能力を持たせるアクアビータなら、食器洗浄機の洗浄・すすぎにかかる費用を80%まるごとカット。
洗浄にかかる費用を通してみても、35%の経費削減が見込めます。

Acqua Vita_08

Acqua Vita_34
清掃を簡素化
アクアビータ水は、分子が小さい「ただの水」。従って、洗浄剤のように、汚れを落とした後の洗剤を洗い流す二度手間が必要ありません。

Acqua Vita_30
設備の延命効果
洗浄剤は、使用すればするほど設備の痛みが速く進みます。アクアビータ水なら、設備の痛みも最小限に削減でき、設備も長持ち!

Acqua Vita_32
配管の目詰まり防止・スケール防止
流しきれなかった洗剤が配管に詰まり水が流れにくくなったり、それが元でスケール(参加物質)が付着し、さらに配管を圧迫する場合があります。
アクアビータ水なら、イオンの力で目詰まり・スケールを抑制する効果があります。

Acqua Vita_33
環境負荷の低減
洗剤の環境における社会的な問題は深刻です。アクアビータ水なら、環境に付加を与えません。

Acqua Vita_14

磁場誘導処理によるマイナスイオンを作ります
給湯器と食洗器を繋ぐ配管に、アクアビータ本体装置から伸びるコイルを巻き付け、地場変動処理をおこなうことにより、配管内の水がプラスイオンからマイナスイオンへと変異します。マイナスイオンはプラスイオンよりも水粒子が細かく汚れに絡みやすいため、洗浄作用を発揮します。

磁場の特徴を生かし、スケールを抑制します
配管はマイナスの電気を帯びているため、プラスイオンを引き付けやすく、配管の内壁にスケール(酸化物質)が発生しやすい問題が。アクアビータ水はマイナス帯電のため、配管内部に引き付けらえることなく、スケールが発生しにくい環境が作り出せます。

Acqua Vita_16
Acqua Vita_17

Acqua Vita_35

油の粒がいくつも集合して油膜(汚れ)が作られます。通常の水では、その油の粒のすき間に浸透できず、油膜を剥がすことができません。しかし、アクアビータでマイナスイオン水に変換された水は粒子が非常に細かいため、油と油の間に浸透することが可能となります。そのため、水でありながら、洗浄剤を使用したかのような劇的な洗浄効果を発揮します。

Acqua Vita_19
Acqua Vita_20
Acqua Vita_21
Acqua Vita_22
Acqua Vita_23
Acqua Vita_24